志野水指し
c0187759_18452140.jpg
五斗蒔土 : 志野釉 

先日の短時間焼成の時に焼いた志野です。
鬼板の部分がカイラギとなっていい感じです。
色は真っ白なので特に変哲もない志野です。

次回への考察は
鬼板の質を変えてみる。
ベンガラや酸化鉄を色んなパターンで混ぜてみる。

c0187759_18453467.jpg
五斗蒔土

さて、自分にとっての大物作ってみました。
水指しです。もっと茄子型にしたかったのですがこんな形に。
現在プラスチックの手ロクロでやっているので20cm級の物が限界ですね;;
ステンレス製の大きなロクロが欲しいですが場所もないので・・・。

現在、この状態で寝かしているので、
硬くなったらもう少し形を綺麗にしたいと思います。

蓋はまだ作ってません;;
下絵は幾何学模様にしたいのですが考え中です。

釉薬は平津長石風化スタンパーを掛けたいと思います。


c0187759_1845486.jpg
五斗蒔土

次回本焼成の為の茶碗を削りました。
表面の手びねりの跡が残りすぎて気になりますが
あとで紙やすりで削るのが早いかな。

手びねりなので、黒楽茶碗で焼いたらどんなにかわいい茶碗になるのかと思うと辛い毎日ですが
志野で行きます。

形より今は焼成第一ですし。
[PR]
by cocoa-tiramisu | 2009-07-03 19:03 | 陶芸
<< 桑小卓 再焼成 >>