<   2010年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧
コレクション2
今回はこの作家さんの器を2つ購入させていただきました。

c0187759_18224447.jpg
コレクション2010-02①


c0187759_18231785.jpg
コレクション2010-02②

箱を見ただけでワクワクします。
[PR]
by cocoa-tiramisu | 2010-01-31 18:27 | コレクション
コレクション1
自分はやはり数寄者であります。

三井美術館のようなコレクションは到底無理ですし
人間国宝の作る器なども遥か彼方でございます。

しかし、巨匠の器でなくとも、
世の中には自分の美的センスに合った若手の作家さんは沢山います。
自分の懐具合と相談しながらコレクションを増やしていきたいと思います。

c0187759_2258652.jpg

コレクション2010-01①

共箱頂いた時、この感動はすさまじいものでした。
桐箱がこんな斬新な姿に・・・。

箱無しの器に共箱を作っていただいたので
完全にオリジナル手書き箱です。
箱自体が芸術。

c0187759_17491061.jpg
コレクション2010-01②


c0187759_22582473.jpg
コレクション2010-01③

裏にもニクイ演出が。。

いつか参考にさせていただきたいです。

c0187759_17495089.jpg
コレクション2010-01④

織部茶碗です。箱のデザインと中の意匠が同じ。
愛情を感じます。
[PR]
by cocoa-tiramisu | 2010-01-28 23:07 | コレクション
織部
休み中に抹茶茶碗2つ作りました。
なかなか思った形にならず2つだけなので
窯焚きするには少なすぎますが・・・。

c0187759_2157101.jpg


今後の方針としては
備前焼締
引出黒
黒織部
緑織部
を作ろうと思います。

あとしいたけ高台も課題のひとつです。

写真は先日購入した黒織部の器。
[PR]
by cocoa-tiramisu | 2010-01-24 22:01 | 陶芸
搬入
例の公募展の搬入してきました。

想像以上のレベルの高さにビックリ。
さすがに巨匠の作品は少ないと思いますが
中堅プロの作品は結構あるような気がします。

明日も1日搬入あるので地元のプロも結構出すのではないかと。


自分の瀬戸黒は大きな花器の間に挟まれて
ちょこんと置かれてしまいました・・・。

これはある程度?相当の熟練が必要とされる公募ですね。
陶芸教室レベルだと太刀打ちできません。(自分も含めて)


自分の受付番号から推測すると
入選枠いっぱい入選できたとしても総数の20%しか入選できないのではないかと・・・。
しかも大御所2人に入選を頂いたとなると相当な名誉ではないかと。

すべて憶測ですのであしからず。


まず織部に順ずる作品はあまり無いような気がしました。
楽は少なし。茶碗は多し。
磁器はほとんど無し。絵付け系も少ない。(織部絵付けも含めて)

現代ということですが、基本形の茶碗が多かったような。
(自分もその一人かもしれませんが)

練りこみ系とかは現代っぽくて自分は好きでした。


これは搬入時見た感想なのでまだダンボールに入ってる作品も沢山あったのでなんとも言えませんが。

いいものを見れば自分の経験値が上がり、向上心にもつながり
今後の作陶に必ず役に立つと思っています。



ところで、ネットであれこれ調べていると
とある作家さんの絵付け織部にかなり感動しました。
これこそ現代茶陶だと実感。
かなり新しさを感じました。

自分も今度絵付けにチャレンジしてみます。


c0187759_22312827.jpg

搬入の帰りに志野展見てきました。
豊蔵・唐九郎志野が目の前に・・・。触れる距離に・・・。凄すぎます。
現代作家さんの志野も多数あり、そちらは高台見せていただきました。
やはり志野はいいな~。と。
[PR]
by cocoa-tiramisu | 2010-01-16 22:34 | 陶芸
2/6
今回、瀬戸黒を6つ作りましたが
自分でも納得できる作品は2つもできました!

最後の焼成での作品。

c0187759_22492659.jpg

瀬戸黒茶盌 土:もぐさ 釉薬:瀬戸黒若紫 13×13×9

かなり大きな茶盌で迫力あります。
今回は急激な温度上昇と急降下を試したので
かなり釉薬が溶けています。しかもかなり黒くなりました。

下地の土の鉄分の含量や
灰が被り方、最高温度の関係で縮れたり黒くなることが分かりました。

個人的には赤紫グラデーションが好きなので最高温度はもう少し低目がいいかなと。
でも、2つ並べるとホントどちらも渋いです。

あくまでも自己満足ですので器自体の形や薄さ質感、削り、高台の出来など、
まだまだ修行が必要だと思いますが
今の自分のレベルではかなりのものができたのではないかと。
[PR]
by cocoa-tiramisu | 2010-01-14 22:51 | 陶芸
追い込み
今日も仕事帰宅後、窯焚きです。

先日燃料のセットはしてあったので窯内の配置をすぐに済ませ即着火。
現在も燃えています。

今日は、火の初速度を早めたので
うまく温度が上昇してくれました。
1250度以上は上がってると思います。


朝大雪だったのですがどうにか溶けて助かりました。

c0187759_22385420.jpg


特に、公募とは関係なく
(いい作品はすでにできたので)
昨日釉薬が溶け切れなかった器があまりにも不憫で
早く溶かしてあげたいと言う気持ちでいっぱいです。
親心?
怒涛の2度焼きです。



ところで
瀬戸黒は窯の基本どおりに焼成しているので
窯の性格がよく分かってきました。

ボディーはステンレスで自作で中の断熱も自作なのですが
断熱には多少隙間があって、温度が上がると
外のボディーにまで熱が伝わります。

そうすると、1250度以上でボディーが耐え切れず突然「バコンッ」と変形します。
これが起こらないと温度不足の目安となります。

あと窯内の様子の温度も黄色と橙色の感じが分かってきました。

一番気まぐれなのが炎の感じ。
高く上がるとか、色とか、これは湿度とか空気の乾燥や飽和度によって
かなり色んなパターンがあると思ってきました。
どこが温度のピークなのか位の参考にした方がよいかな。


c0187759_2241328.jpg

今回茶碗作りの道具。
竹べら、かきべら、しっぴき、厚さをみる針。だけ・・・。
プロゴルファー猿よりは道具は多いですが。

次回はざっくり風の高台にチャレンジしたいので
まるいへらでも使おうかな。
[PR]
by cocoa-tiramisu | 2010-01-13 22:47 | 陶芸
ラストスパート
先日の瀬戸黒のテストを参考にして
あらたな瀬戸黒焼成。

窯の温度が上がらず2つのうち1つはもう一度焼こうと思います。
週末までにもう一回窯焚きできるのか・・・。

釉薬掛け、窯のセットは済ませました。
あとは自分の時間だけです。

そういえば引出す時の軍手。
いつもヤケドぎりぎりでしたが、
ひつじさんの助言により、溶接用の手袋購入!
楽々引き出せます。
しかもかなり際どいとこまで手が突っ込めます。


どっぷり陶芸にはまってます・・・。



オリジナルブレンド
瀬戸黒釉は若紫としました。
源氏香から順番に名前とっていこうと思います。

c0187759_001672.jpg

ビフォアーです。

下のさや鉢には織部入れましたが
釉薬が分厚すぎて失敗・・・。焼成温度はよい感じでした。


c0187759_004744.jpg

瀬戸黒茶碗 もぐさ土 瀬戸黒釉:若紫

新作です。
すっごくいいです。(自画自賛)

公募に出すかもしれないので部分写真です。
灰が被ってとろけた漆黒部分と黒紫がグラデーションになって絶妙な窯変となってます。

瀬戸黒奥が深いです。
もちろん土の質や形
釉薬のとろける感じや、色、分厚さ、質感。
焼成の仕方。などなど。
今年の研究は瀬戸黒ですかね。

自分の窯の性能を100%生かせる釉薬ではないかと思いました。
[PR]
by cocoa-tiramisu | 2010-01-13 00:06 | 茶道
速報 引出黒
アバウトな釉薬調合が功を奏したのか。
引き出してみたらあまりにも感動したので。
速報写真です。



c0187759_23291864.jpg

夕方から火を入れたので
火事と間違われないように、寒い中で漫画読みながら焚き火です・・・。
もちろん野外なので一酸化炭素中毒にはなりません。




もう一回の焼成と合わせていい作品を
来週搬入の現代茶陶展に出そうかと思ってるので
全体写真でなく部分写真です。

c0187759_2330321.jpg


カイラギが・・・。
自分の出したかった通りに出ました!

内側は刷毛目が出てしまいましたが
それはそれで味があっていいかも。
黒の奥に黒紫に輝いています。

c0187759_23301937.jpg


高台はいつもどおり自分の形になりました。
土は、赤いもぐさと、荒めのもぐさのブレンド。
期待通りのこんがり色がでました。


これはすべて志野で苦労した賜物だと思っています。
[PR]
by cocoa-tiramisu | 2010-01-09 23:43 | 陶芸
初釜に初窯
今日は初釜行ってきました。
前の稽古からずいぶん経ってしまってるので
濃茶の飲み方って???とドキドキしてしまいました。

やはり出かける前に虎の巻を読まないといけないですね;;

帰ってきて
昨夜素焼きをしたのに釉薬をかけて?塗って?
今から釉薬テストです!!
かなり強行・・・。

織部釉薬と瀬戸釉薬の3種類。
今まで還元を目指してきたのですが、今回は酸素いっぱいの酸化焼成。
燃料の量と空気の量。釉薬の厚さなどでどう変わるか分かったらなと思います。


c0187759_1640397.jpg
[PR]
by cocoa-tiramisu | 2010-01-09 16:42 | 陶芸
謹賀新年
c0187759_22373134.jpg




陶芸を始めたきっかけは
とある雑誌で瀬戸黒茶碗と曜変天目茶碗を見たことです。

なんともいえない衝撃でした。

この美はいったい何なのか。
何百年も昔の人が作ったのに今でも十分新鮮さを感じる。

いてもたってもいられず
茶道と陶芸の門をたたき今に至ることろです。

茶道陶芸を通じて
沢山の人とも知り合え
百人いれば百人のスタイルがあり、色々共感する部分もありました。


影響されやすい自分は流されてしまいがちで
思想も技術もまだまだ発展途上ですが
自分の作った抹茶茶碗で美味しく抹茶が点てれたらいいなと思います。


皆さんご指導ご鞭撻よろしくお願いします。
[PR]
by cocoa-tiramisu | 2010-01-03 22:55 | 陶芸