<   2009年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧
引出黒
c0187759_13241298.jpg
五斗蒔土:瀬戸黒釉


第4回目の本焼成

最高温度で引き出してみました。

深い黒が出ている部分と、妖しい深い紫の部分が
かなり渋いです。こんな茶碗だされたら、さぞかし感動されること間違いなし。

しかし、ひび入ってます。。。
惜しいです。

若干溶けてないところもあり、写真を撮った後
もう一度窯の中へ投入。

引出は窯にとってもダメージなので
次回は自然冷却と致します。

本焼成レポートはのちほど。

【瀬戸黒釉薬】
鬼板 メイン
合成栗灰 若干量
福島長石 若干量
[PR]
by cocoa-tiramisu | 2009-05-31 13:31 | 陶芸
ワタシニツイテ
今更自己紹介ニテ候。

現住所 : 愛知
性別 : 男
年齢 : 三十路前半
趣味 : 茶道 登山 写真 投資
仕事 : 医療系


自宅陶芸やってます。
陶芸の勉強は陶芸教室で3カ月ほど習いました。
主に抹茶茶碗作っています。
窯は自作の燃料窯と、小型の電気窯です。

c0187759_23261685.jpg
 

2011/8/16プロフィール更新
2009/12/19ブログ名変更
表千家生徒の抹茶茶碗作陶記録 志野焼 釉薬調合
→月讀窯 作陶記録
[PR]
by cocoa-tiramisu | 2009-05-28 23:30 | プロフィール
瀬戸黒
c0187759_23282070.jpg
五斗蒔土:鬼板化粧
c0187759_23283563.jpg


ひび入ってます;;
水入れるとこぼれますが、観賞用としては、ひびも美しく見えます。

もしこのひびに金継ぎ(きんつぎ)できたら、とても渋いかもしれませんね。

黒色に関してはいぶし銀な感じでなかなかいけています。
鬼板の粒もアクセントになっています。

釉薬作る時に鬼板を擦ってしまったので、つぶすだけの方がいいかもしれません。
でも、内側はブツブツが茶筅を傷めるので、なめらかにしたいですね。

次回はもう少し、つやを出してみる為に灰を加えたり、長石を加えてみたいと思います。
[PR]
by cocoa-tiramisu | 2009-05-25 23:38 | 陶芸
志野
c0187759_20285991.jpg
本焼前の素焼き3点です。辰砂、志野、瀬戸黒の釉薬をかけました。

c0187759_20303319.jpg
五斗蒔土:志野釉薬 銘 『 wagashi 』

志野釉薬
・平津風化長石・合成栗灰

正面に直に炭を置いた為黒くなってしまいました。
次回はやめておきます。


c0187759_20305393.jpg
程よく溶けてますので、1300度以上に達していると思います。


c0187759_2031735.jpg
五斗蒔土がいい色になっています。


c0187759_20312093.jpg
内側は緋色に近い色です。

次回はもっと薄めに志野を施釉したいと思います。
[PR]
by cocoa-tiramisu | 2009-05-24 20:39 | 陶芸
辰砂
c0187759_8195292.jpg

c0187759_82086.jpg

c0187759_8202383.jpg

五斗蒔土:辰砂釉

窯変が出ていてとてもよい景色となっております。
赤色の中にほのかに紫色も入っています。
辰砂はとても奥が深いです。
辰砂の基本釉に、次回は何か混ぜてみたいと思います。
[PR]
by cocoa-tiramisu | 2009-05-24 08:25 | 陶芸
瀬戸黒考察
c0187759_20572736.jpg


先日作った、鬼板化粧も見事砕け散りました;;
棚板が散々な事に。。

乾燥不足で窯の中で砕け散った陶辺です。
これはこれで参考になりました。
ラスター系になってるところは灰がかかった部分。
いぶしの所は鬼板のみ。

目指す瀬戸黒はいぶしの方です。
意図的に支柱など置いて、灰が被るのをカバーしたいですね。
五斗蒔土にはうまく緋色が出ています。
[PR]
by cocoa-tiramisu | 2009-05-17 21:02 | 陶芸
爆発
初焚きは見事失敗に終わりました。

作陶した器の乾き具合がイマイチだった為
窯温度が100度を越した辺りで水蒸気爆発しました;;
良い勉強になりました。

反省点
・乾燥をしっかりする。(ドライヤーや電子レンジを使ってでもある程度水分を飛ばしておく)
・窯の温度上昇を緩やかにする。


ということで、気を取り直して、うつわを作り直して第二回目。
素焼き→本焼の連続行程で行きました。

c0187759_2339548.jpg

もぐさ土:志野釉薬(平津風化長石単身):鬼板化粧

国宝卯花墻をイメージしましたが全く別物に。
溶け具合もイマイチですし、緋色もほとんどでてません。
色んな色は出てますが。

c0187759_23401347.jpg

部分によってはうまく溶けているところもあります。

反省点
平津風化長石単味なので、焼成温度が1300度以上を必要としているが
途中、還元しようと思い、空気口を絞り込んでしまった。その為温度が1300度に到達しなかったと思われる。

改善点
炎の様子をみて、最高温度時には意図的に吸気する。
平津長石釉薬の再調整:栗灰と石灰を入れてみる。糊の濃度を調整。

c0187759_23404186.jpg

信楽土:志野釉薬:鬼板化粧

信楽の焼き締め部分はいい色が出ています。
こんがりした色はいいですね。

c0187759_23411565.jpg

第三回目焼成の為のうつわです。
すべて五斗蒔土です。
この土は形成しやすいですね。

鬼板化粧で引き出し焼成しようと思っています。
一つは白化粧。一つは再調整の志野釉薬でいこうと思います。

c0187759_23413460.jpg

白化粧です。粉引きでいきたかったのですが刷毛目です。。
[PR]
by cocoa-tiramisu | 2009-05-16 00:09
再機動
ついに作陶しました。

長い休息期間でしたが
やっと土に触ることができてなによりです。

窯もどうにか棚板の件をクリアして
素焼待ちとなっております。

窯のノウハウについて Uさん
窯のボディー作成について N鉄工所さん
材料に関して Ⅰ社さま
燃料に関して Ⅰ社のKさん
その他お世話になった方々に
に感謝。

窯の名前決まってません;;


c0187759_1958419.jpg
信楽土:形成途中です
[PR]
by cocoa-tiramisu | 2009-05-04 19:59 | 陶芸