カテゴリ:未分類( 1 )
爆発
初焚きは見事失敗に終わりました。

作陶した器の乾き具合がイマイチだった為
窯温度が100度を越した辺りで水蒸気爆発しました;;
良い勉強になりました。

反省点
・乾燥をしっかりする。(ドライヤーや電子レンジを使ってでもある程度水分を飛ばしておく)
・窯の温度上昇を緩やかにする。


ということで、気を取り直して、うつわを作り直して第二回目。
素焼き→本焼の連続行程で行きました。

c0187759_2339548.jpg

もぐさ土:志野釉薬(平津風化長石単身):鬼板化粧

国宝卯花墻をイメージしましたが全く別物に。
溶け具合もイマイチですし、緋色もほとんどでてません。
色んな色は出てますが。

c0187759_23401347.jpg

部分によってはうまく溶けているところもあります。

反省点
平津風化長石単味なので、焼成温度が1300度以上を必要としているが
途中、還元しようと思い、空気口を絞り込んでしまった。その為温度が1300度に到達しなかったと思われる。

改善点
炎の様子をみて、最高温度時には意図的に吸気する。
平津長石釉薬の再調整:栗灰と石灰を入れてみる。糊の濃度を調整。

c0187759_23404186.jpg

信楽土:志野釉薬:鬼板化粧

信楽の焼き締め部分はいい色が出ています。
こんがりした色はいいですね。

c0187759_23411565.jpg

第三回目焼成の為のうつわです。
すべて五斗蒔土です。
この土は形成しやすいですね。

鬼板化粧で引き出し焼成しようと思っています。
一つは白化粧。一つは再調整の志野釉薬でいこうと思います。

c0187759_23413460.jpg

白化粧です。粉引きでいきたかったのですが刷毛目です。。
[PR]
by cocoa-tiramisu | 2009-05-16 00:09