平津長石風化スタンパー
c0187759_21414251.jpg

平津長石風化スタンパー単身 : 五斗蒔土
予想焼成温度1200度です。
予想は簡単に出来ましたが、溶けてません。

さすが平津の風化と言うだけあって、緋色は出てます。
ねらしの時間はそんなに長くないですが、白い長石部分がないので、緋色の出すぎなのでしょうか?

あと橙に近い色ですが単身だからでしょうか?

謎は深まるばかり。

c0187759_2142313.jpg


内側もかなり緋色が出ております。
灰の影響ではなさそうですが緋色と断言していいのか。。
今度材料屋に行って判定してもらいたいと思います。


c0187759_21421766.jpg


裏なのですが五斗蒔土がこんがり焼けて美味しそうです。
陶芸教室の、ガス窯だと真っ白だったのですが、マイ窯だとこんないい色に。
やはり早めに教室やめて独立してよかったです。

土の中の鉄分が緋色を出しているのか
灰の影響なのかどちらなのでしょう??

あっ、白いのはアルミナです。


前回紹介した志野釉薬のと今回の平津単身はもう一度焼成しようと思います。
いわゆる二度焼きです。土が耐えられるかが問題ですが。

テストとしてねらし無しで焼成。はたして緋色は残るのか。飛んでしまうのか。
[PR]
by cocoa-tiramisu | 2009-06-24 21:56 | 陶芸
<< 志野考察 焼成結果 >>